中国武術の基本的な3つの手型

中国武術にはたくさんの種類の手型があります。今回はその中でも特に有名な3つの手型をご紹介‼︎

中国武術では技などを日本語読みせずに、中国語読みすることが多いです。以下、手型名(日本語読み・中国語読み)、説明欄:手型名 ピンイン (英語)

▶詳しいやり方はこちら(会員限定)

拳(けん・チュエン)

拳 quan  (fist)

中国武術の基本的な拳の握りは拳面を平らにします。しっかりと握りましょう。

拳 部位名称

  • 拳面  4本の指が揃った面
  • 拳眼  親指側のグルグルしているところ
  • 拳頭  拳のゴツゴツしているところ
  • 拳心  拳の真ん中
  • 拳輪  小指側のグルグルしているところ
  • 拳背  画像では見えない手の甲

掌(しょう・ヂャン)

掌 zhang (palm)

4本の指を揃え、親指を折ります。しっかりと張ることが大切です。

掌 部位名称

  • 掌指  掌の指
  • 掌心  掌の真ん中
  • 掌底  掌の一番手首側の盛り上がっているところ
  • 小天星  小指の外側付け根のすぐ下の出っ張っている骨のところ
  • 掌背  画像では見えない手の甲

勾手(こうしゅ・ゴウショウ)

勾手 gou shou (hook hand)

鉤手、拘手と書く場合もあります。5本の指を一点にまとめ、しっかりと手首を折り曲げましょう。

勾手 部位名称

  • 勾頂  鶴の頭に似ていることから鶴頭ということもあります。手首を折った一番高いところ
  • 勾尖  指をまとめた尖端